Event is FINISHED

Cerevo Cafe Special Meetup テクノロジーで進化するユーザーエクスペリエンス

Description

1/31(水)にCerevo Cafeを記念したスペシャルミートアップを開催。IoTハードウェア、メディアアート、スポーツ、ゲームなどそれぞれの分野のスペシャリストにテクノロジーの進化にともない変化するユーザーエクスペリエンスへのアプローチを紹介いただきます。

またCerevoがCES2018で発表したソードアート・オンラインのエリュシデータなどプロトタイププロダクトをご覧いただける予定です。お楽しみに。

| Cerevo Cafeとは?

| FabCafeとCerevoがコラボレーション。1/19 〜 2/2の期間、Cerevoの代表的なプロダクトに触れて使える期間限定企画。

■開催概要

1月31日(水)20時スタート(開場 19:45)

参加費 ¥1000(ワンドリンク付き アルコール&ソフトドリンク) チケット販売 Peatix

■タイムテーブル

20:00 第一部スタート
 1.aircord /The Shift プロデューサー&クリエイティブディレクター 橋本俊行氏
 2.フィリピンのメディアアート アートディレクター テンガル氏(予定)
 3.株式会社Cerevo CTO松本 健一氏、広報・マーケティング・セールス担当 甲斐 祐樹氏

20:45 ブレイク
21:00 第二部スタート

 4.HanajiGames代表兼リードリードデベロッパー・TokyoIndies主催者 アルヴィン・フー氏
 5.ゲーム監督/ 遊物体アソビウム  犬飼博士氏

21:30 懇親会
22:00 クローズ


■プレゼンタープロフィール


橋本俊行
aircord /The Shift プロデューサー&クリエイティブディレクター

テクノロジーやデザイン、サイエンスやクリエイティブなど垣根を超えた活動を行なっている。受賞歴はCannes Lionsゴールド、D&ADイエロー・ペンシル、文化庁メディア芸術祭優秀賞など。

実績は、2012年、NIKEの展覧会"NIKE FREE SUPER NATURAL RIDE"、2013年、東京駅で行われた"TOKYO STATION VISION”、DENKI GROOVEのツアーVJ、2015年、日産社のコンセプトカー"TEATRO FOR DAYS"、2016年21_21 Design Sightで行われた"デザインの解剖展”、2017年、東京都庁で開催された東京2020オリンピック関連イベント「TOKYO VISION GAMES 」、大根仁監督「奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール」など多種に及ぶ。

http://www.aircord.co.jp/

http://theshift.tokyo/


松本 健一
株式会社Cerevo CTO

1981年生まれ。2004年にパナソニック入社、DVDレコーダー等のネット接続型家電のプロトコル設計を担当。2008年にパナソニックを退職、Cerevoに参画。Cerevoの第1弾製品となる「CEREVO CAM」を開発面から立ち上げたのち、その後のCerevoの開発する製品すべてを統括。2014年、CTOに就任。

甲斐 祐樹

株式会社Cerevo 広報・マーケティング、国内セールス担当

1977年生まれ。大手電機メーカーからIT系出版社の株式会社インプレスへニュース記者として転職。その後はソーシャルメディアマーケティング「アジャイルメディア・ネットワーク株式会社」からフリーランスを経て2012年2月よりハードウェア・スタートアップの株式会社Cerevoに勤務。広報・マーケティング、国内セールスを担当


Cerevo https://cerevo.com/ja/

© 士郎正宗・ Production I.G/講談社・攻殻機動隊製作委員会 © Cerevo



アルヴィン・フー  
HanajiGames代表兼リードリードデベロッパー・TokyoIndies主催者

私はプロとインディーズの両方のゲーム開発で8年の経験を持つゲーム開発者です。 インディーズ/同人ゲームの開発と海外向けの出版業を行う法人「Hanaji Games」を立ち上げ、リードデベロッパーとして活動しています。 4年前、私は東京インディーズという自作ゲーム開発者向けのイベントを始めました。 毎月プレゼンテーションとゆるいミートアップで、自分のゲームを作ったり興味を持ったりしている人が同じ目標を持って他の開発者と意見を交わし合うことができます。

インディー、同人、学生、プロ、職種を問わずどなたでもゲームを作っている、もしくは興味があるという方なら大歓迎です! 開発者同士、作品を見せ合って生のフィードバックを得られるいい機会でもあります。

Tokyo Indies http://www.tokyoindies.com/


犬飼博士

ゲーム監督/ 遊物体アソビウム

つながりと笑顔を生むツールとして、ゲームとスポーツに着目。eスポーツの世界大会の予選を国内で開催し日本代表を引率。スポーツとITを融合した「スポーツタイムマシン」等の作品発表。人工知能を巻き込んだ遊びを研究開発中。人工知能と現代的なスポーツマンシップとしてスペースマンシップを提唱。「未来の運動会プロジェクト」を進行中。


Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#311790 2018-01-29 00:32:06
Wed Jan 31, 2018
8:00 PM - 10:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
FabCafe
Tickets
参加費 SOLD OUT ¥1,000
Venue Address
東京都渋谷区道玄坂1−22−7 道玄坂ピア Japan
Organizer
FabCafe Tokyo
2,693 Followers